印鑑について知ろう!

「印鑑登録証明書」の取得について。
法人における「印鑑登録」と「実印」について。
「実印」のトラブルに関する”予防と対処”
その他の印鑑について「認印」「銀行印」
印鑑登録 実に印(良いん)だ!!ホームページへ。

INKAN Infomationジ TOP > 「実印」のトラブルに関する”予防と対処”

「実印」のトラブルに関する”予防と対処”

近頃、印鑑登録、印鑑証明書、実印などに関するトラブルが相次いでいます。
このページでは、そのようなトラブルに巻き込まれないための、トラブルの予防と対処策などについて書いていきます。

実印や認印・印鑑登録証明書・印鑑登録証の扱いについて。

これらの実印・認印などの印鑑類、または印鑑登録証(カード)の管理には十分に気をつけましょう。
信頼できる親類は安心できるし安全だ・・・と考える方もいらっしゃいます。
ですが、その親類の方が何らかの理由で(他人に騙されたか・自ら使用するか)、自分の実印や印鑑証明書を使用されたなどというケースも実在しますので、できる限り自分自身で管理するという形が望ましいといえるでしょう。
以下に印鑑、印鑑登録カードの管理のポイントについて書いていきます。

  • "印鑑"
    認印はもちろんのこと、実印はなおさら、重要な取引に利用される印鑑です。しっかり管理しましょう。また、 印鑑証明書、小切手、手形など、他の重要な書類などとは必ず別々に保管しましょう。
    大げさかもしれませんが、実印は銀行の貸し金庫を利用したり、自宅の金庫で厳重に保管するのがいい望ましいでしょう。
  • ”印鑑証明書”
    印鑑証明書は、必要な分だけ取得するようにしましょう。仮に余ってしまった場合などは、シュレッダーにかけるなどして、確実に処分するようにしましょう。また、上記のくり返しになりますが、実印などとは別々に保管した方が良いでしょう。
  • ”印鑑登録証(カード)”
    印鑑登録カードと、免許証やパスポートなど、本人確認ができるものとは別々に保管するようにしましょう。
    それらがセットで盗まれると、悪用される可能性があり、大変危険です。
    大げさな気はしますが、 印鑑登録証(カード)も銀行の貸し金庫を利用することも考えたほうが良い場合もありそうです。
    または、 自宅の金庫で厳重に保管するのがいいでしょう。

画面上部へ

実印の登録の抹消について

法人の場合はよく利用しているはずなのですが、個人の方でも実印や印鑑登録証明書を利用する局面は、人生においてもそう多くは無いと思います。だからといって、その保管には手間もかかりますし、 また、これがもし盗まれたりなどして、悪用されてしまってはたまりません。
そこで、思い切って印鑑登録してある印鑑(実印)を登録抹消してしまうのはどうでしょうか?
「それはおかしい」と思う方がいるかもしれませんが、この方法だと、あなたの実印は「認印」になるので、実印としての効力は失われ、例えば公正証書などに利用されて悪用されるなどの心配はなくなります。
その代わり、再び実印が必要な時がきた場合は、その時に改めて印鑑登録を行い、実印として使用すればいいということです。
条件によっては、印鑑登録と同じ日に印鑑登録証明書も即時発行してもらえる場合がありますので、この方法も有効だと思います。

ただし、再び印鑑登録するには市役所窓口などへ必ず行かなくてはならないことと、手数料が無駄にかかってしまう点など、
この方法では、利便性という面ではマイナスになってしまうことも否めません。

画面上部へ

Favorite

相続問題を岐阜で依頼する

 CopyRight INKAN Infomation ALL RIGHTS RESERVED.